冬美容 | ホワイトカメリア

コラム

2021.02.03

冬美容

秋から冬に季節が変わり、どんどん寒さが増してくると同時に体もお肌も冷えて硬くなってきます。

この季節は一年の中で、しっかりと保湿に取り組んで頂きたい季節です。乾燥するから当然だと思われるかも知れませんが、しっかり保湿とは案外難しいのです。

お肌の表面が水分を吸収する量ってそんなに多くはないからです。水分保持力を高めておくことが次に来る春に向けて紫外線を跳ね返すパワーとなります‼

ここでそれが出来ていないと、肌荒れや老化の加速に繋がります。

では、まず何をしておいたら良いのでしょうか??

今肌がごわついているタイプ(スキンタイプ別肌ケア/角質肥厚)

お肌に合った角質ケアで古くなった角質を除去しましょう(ご自分でケアするならマイルドなものでこまめにする)

赤みが出やすく敏感になっているタイプ(スキンタイプ別肌ケア/敏感肌)

肌に刺激(熱すぎるお湯、摩擦、アルコールなどの乾燥しやすい成分の化粧品)を与えないようにして、バリア機能を強化しましょう。

こちらのスキンタイプは次回どうしたら良いのか説明致しますね。

肌表面にトラブル(炎症性ニキビ、傷、赤み、痒み)がなければこちらをお試し下さい。

  1. 洗顔後、お化粧水を手の平に取り温めてからお顔全体にしみこませる様に重ね付けします
  2. オイルやクリームなど油分が入った成分のお化粧品をお顔、首、耳につけ優しくマッサージをしましょう♪

これだけを毎日することで冬の肌の水分保持力はアップします。

冬の肌は冷えて硬くなっており、新陳代謝が悪くなりターンオーバーが乱れ古い角質を溜め込んでいるからです。

いつも、新陳代謝がよく柔らかい肌ならば水分保持力はアップし血流も良くなるので健康で乾かない肌が奥から生まれてきます。

そして、体も同じ様にストレッチやマッサージをして柔らかくしておくと良いですね。

暖かい季節は分泌物(汗、皮脂)も多いですが寒くなるとお水もとらず、水分不足になりお顔も汗をかかなくなります。バリア機能が壊れるのもそのせいです。

バリア機能とは、お肌の表面にある天然の保護膜を意味し外的刺激から守り体内からの水分の蒸発を防いでいる皮脂や汗などが混ざり合った膜の事です。

年齢や肌状態によっても肌表面の乾燥の状態は違いますが、お化粧品ではセラミドや架橋ヒアルロン酸などが保水力があり使い続けることでハリ感もアップして肌理もふっくらとしてきます♪

お化粧品は肌にダイレクトに影響が出ますので成分をチェックして選ぶと良いですね。

立春を迎える頃から始めると良いのは美白ケアです。

春に向けてメラニンを抑制しておけばシミは濃くなることもなく増えません。

出来てからよりも予防に力を注ぐ事が綺麗を作ります

【美容は先を見据えてのケアが大切です】